10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

FU*REN*DO (いつもナチュラルに暮らしたい)

ナチュラルインテリア&ガーデニング&ハンドメイドなど日々を楽しく過ごすために・・・

亡き母の思い出にこの先を想います。。。 


亡き母の思い出

☆*☆おはようございます☆*☆

「FU*REN*DO」へようこそ・・・♪
遊びに来てくださって有難うございます。

トップ写真は長男が4歳の時に母が縫ってくれたものです。


亡き母の思い出

アンサンブルになっていてとっても可愛かった。。。

お出かけ用でしたので三人の息子が着ました。

当然のことながら子供服は全て処分しましたが

これは捨てられなかった・・・



母は戦前、東京の洋裁学校に通っていましたが

戦争で閉校になって広島に帰省・・・

戦後に父と結婚しましたが

私たち姉妹にいつも服を作ってくれていて

子供のころ

私は殆ど既成服を着たことがありません。

とてもオシャレでセンスの良かった母の作る服は

いつもお気に入りでした。




私が結婚して間もなく

母が習い始めた木目込み人形

亡き母の思い出

連獅子を作ってくれました
(ガラスケースの扉を開けて撮影)

今も2階客間に飾ってあります。



亡き母の思い出

お正月用の色紙

亡き母の思い出

お雛さま

既に40年は経っています。

季節の室礼で何度か登場させました。




亡き母の思い出

昔はロングスカートが好きで

当時、既製品にロングエプロンがなくて

母に縫ってもらっていました。
(この頃私は一切洋裁をしていませんでした・・・)


このエプロンは20年近く前ですが

時々しか使わないので今もきれいです。


母は70歳の時に人工透析の体になって

74歳で父のもとに逝きました。

いま元気でいてくれたら89歳です。

せめて母の生きた年まで元気でいたいと頑張っている私。。

時々母を想います。。。



亡き母の思い出

母が結婚の時に

気に入っていたものを貰ったという花器


亡き母の思い出

これは茶器のお棗(なつめ)のような感じですが

何かはよくわかりません。

もう箱もありません

私もとても好きで譲り受けました。

少なくとも70年以上前のものです。



古いと言えば・・・

亡き母の思い出

祖母が嫁ぐ時

花嫁の日本髪に根〆として使っていたもののルビー

両サイドに使ってありました。

私の結婚後、

鑑定していただいて本物ってことで

私と妹の指輪にしてくれましたが

ルビーは派手で着けたことはなく

仕舞い込んだままです。

母が祖母から受け継いだもの・・・

もう100年以上経っている石です。



今、ときどき思うのです・・・

私は娘ですから母の思い出のものを大切にしてきましたが

私がいなくなった時、これらは・・・

また私の使ったものがあとに残ることがあるのかな???

息子やお嫁ちゃんにはゴミにしかならないかな?

あとのことを考えて少しずつ断捨離していますが

こういうものも処分が必要かなって真剣に思います。

我が家には夫の両親からもらったものも

数点残してあります。

ご紹介のものは全て生前のもので

母が他界した後、

母の着物は全て私の元へ・・・

宝石も数点・・・保管してあります。

皆さまは親御さんからのものどうなさっていますか?



いつも応援くださって有難うございます。
下のバナーをクリックいただけたら励みになります。
FU*REN*DOに10ポイントずつ入ります。(1日1回有効です)

ポチッとお願いします

 
こちらもヨロシクです。
にほんブログ村 インテリアブログ シャビーシックインテリアへ
にほんブログ村

有難うございます。
今日も穏やかな一日でありますように。。。

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 06:12 [edit]

category: 思い出・記念日

31

コメント

 

ゆきえさん おはようございます(^_^*)

急に暖かくなりましたね!
これで桜も一気に開花するでしょう🎶

ホント 私も母の形見、特にアクセサリー類の行方がとても気になります。
以前息子に聞いたら「趣味も違うのだから売って処分するよ!」といとも簡単に言われた事が心に残ってます。
息子ももっと年を重ねれば考えも違ってくるかもしれませんが、一つ一つ想いを持って買った母とまとめてドンともらった者の違いや日常必要ない息子との考え方の違いに寂しさを感じてしまいます。

お嫁さんが大切に使ってくれることを願うしかありません。。。

URL | keiko #YzsZgp7A | 2016/03/31 09:09 | edit

keikoさん 

(*゚∀)ノ.。・:こんにちは*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.・゚

親からのものも私のように生前に貰ったものと形見分けはまた違いますね。
形見分けにはマナーもあって故人より年上の人には形見分けはタブーですので母の時には殆どできませんでした。
戴くにしても差し上げるにしても難しいことで最近はされないことも多いようですね。
私は基本的には残さない方がいいかなって考えています。
お嫁ちゃんに負担の気持ちを与えたくないから。。。
本人が欲しいってものがあればその限りではありませんけど。。。

難しい問題ですね。。。

URL | keikoさんへ・・・ゆきえ #i4LNgi/s | 2016/03/31 16:29 | edit

 

お母様の形見大事に保存されてるんですね~
息子さんのかわいいですね。
既製服にはないあたたかさを感じます。

私も母からすでに指輪など預かっています~
私は宝石はあまり実につけないので
このまま大事にしまっておきます。
ときどき母が見せて~というと持って行きます。
女性はいくつになってもおしゃれが好きなんですよね。

URL | shioko #- | 2016/04/01 06:35 | edit

shiokoさん 

(*´▽`)v☆*☆おはようございます☆*☆v(´▽`*)

shiokoさんもお母さんから譲られたもの大切になさってるのですね。
shiokoさんにはお嬢さんがいらっしゃるし、ちぃちゃんまでキッと受け継がれますね。

私も指輪は大好きだけど宝石と名のつくものは身に付けなくて仕舞い込んだままです。
お嫁ちゃんにって云っても最近の若い人はそういうもの付けないからあげると言ってもいらないっていうかな?

URL | shiokoさんへ・・・ゆきえ #i4LNgi/s | 2016/04/01 07:08 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form