FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

FU*REN*DO (いつもナチュラルに暮らしたい)

ナチュラルインテリア&ガーデニング&ハンドメイドなど日々を楽しく過ごすために・・・

妹の愛犬が虹の橋に旅立ちました・・・ 


妹の愛犬チョコ


☆*☆おはようございます☆*☆

「FU*REN*DO」へようこそ・・・♪
遊びに来てくださって有難うございます。


4月10日の夕方

妹宅の愛犬

チョコちゃんが虹の橋に旅立ちました

12歳6ヶ月でした。。



妹の愛犬チョコ

この2枚の写真は5歳の時

おやつをキャッチするのを撮るために

カメラを構えました。

この後キャッチしましたよo(*^▽^*)o~♪




私があまり写真を撮ってなかったので

私の手元に最近のものがなくて・・・


保護団体が

野良ちゃんが生んだ子の

里親を探していたのを知って

引き取った子でした。

大事に育てられて

冷暖房の季節には

リビングに入れてもらっていました


火葬の日が

sanaeさんのところへ行った時でしたので

見送りに立ち合いました。




チョコちゃん葬儀

斎場で

僧侶の方が阿弥陀経を唱えてくださいました





1555230425551.jpg

私の撮ったトップの写真を

遺影に使ってくれました。



虹の橋のたもとで

先に行った

お姉ちゃんのラブちゃん

ローラちゃん

そして

我が家のジュンちゃんと仲よく遊んでね。

そしていつの日か

一緒に橋を渡ろうね。。。


☆⌒(*^∇゜)v ありがとう!

チョコちゃん


(* ̄- ̄)人 i~ 合掌

記事にすることを思案しましたが

妹家族は私の家族同然なので

残したいと思って載せました・・・


虹の橋をご存知ですか
(↓続くを読むをご覧ください)



応援いただけると励みになります♪
(クリックでランキング順位のページが開きます)
スマホ、タブレットからでもOKです

↓ポチッとお願いします(一日一回有効です)


ナチュラルライフランキング

↓もヨロシクです。

にほんブログ村

有難うございます。
今日も穏やかな一日でありますように。。。

また遊びにいらしてくださいね。


「虹の橋」

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです


「虹の橋のたもと」

天国とこの世を結ぶ橋がある。

その橋は、様々な色合いから『虹の橋』と呼ばれている。
『虹の橋』の一歩手前には草地や丘、青々とした緑あふれる谷がある。
大切な動物達は、死ぬとその場所へ行くのです。
そこにはいつも食べ物と水があり、気候はいつも暖かいまるで春のようです。

歳をとって、からだが弱っていた者でも、ここへ来て若さを取り戻し、 >
からだが不自由になっていた者は、元どおりの健康な姿になる。
そして一日中いっしょになって遊んだりしている。
だが、橋のそばにはみんなと様子が異なるものもいるのです。

疲れ果て、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかった動物たちです。
他の動物たちが一匹また一匹と、
それぞれの特別なだれかといっしょに橋を渡っていくのを
とても悲しげに眺めているのです。

彼らには特別なだれかなどいない。
生きている間、そんな人間は誰一人現れなかった。
しかし、ある日、動物たちが走ったり遊んだりしていると、
橋への道のかたわらに誰かが立っているのに気づくのです
彼はそこに繰り広げられている友の再会をものほしそうに眺めている。

生きている間、彼は動物と暮らしたことがなかった。
彼は疲れ果て、飢え、苦しみ、だれにも愛されなかったのです。
そんな彼がポツンと立っていると 、愛されたことがない動物が
どうして一人ぼっちなのだろうとそっと近づいてくのです。

すると、なんと不思議な事が・・・・・・・・・。
愛されたことがない動物と愛されたことがない人間が
互いに近づくにつれ、奇跡が起こるのです。
なぜなら、彼らは一緒になるべくして生まれたからだ。
この世では決してめぐりあえなかった特別なだれかと大切な動物として。
今、やっと『虹の橋』のたもとで彼らの魂は出会い、
痛みや悲しみは消え、友はいっしょになるのです。

そして、いっしょに『虹の橋』をわたり、もう二度と別れる事は無いのです。


虹の橋
Author Unknown
作者不明
関連記事

Posted on 2019/04/18 Thu. 06:25 [edit]

category: 家族・孫のこと

18

コメント

 

ゆきえさん こんなちは〜

今日は春らしい暖かな日になりました。
チャコちゃん 可愛かったですね。
生き物を飼うと必ず経験する「別れ」
これが辛くて未だに飼う事ができません。
立派なご仏壇に素敵なお花のお供え!
愛情深く育てられた様子が手に取るようにわかります。

「虹の橋」
この話は初めて知りました。
本当に癒されるお話ですね!
今でも見送った愛犬の事を思い出しますが、これを読むとホッとして再会できる日が来ると信じる事が出来る気がしました。

URL | keiko #YzsZgp7A | 2019/04/18 13:34 | edit

keikoさん 

(*゚∀)ノ.。・:こんにちは*:・゚`☆、。・:*:・゚`★.・゚

こちらも今日は21度で暖かいです。

チョコは雑種でしたが妹一家が可愛がって育てていて性格が穏やかな子でした。

私は妹宅の3頭と我が家のジュンを見送りましたが本当に辛いですね。
私ももう迎えることはできないです。

虹の橋・・・ご存知ではなかったですか?

私はもう20年近く前、当時ジュンがまだ元気だったころに友のペットが亡くなって悲しんでいた時にこの話を知ってとても穏やかな気持ちになれました。
ジュンが待っててくれる…そう信じています。

URL | keikoさんへ・・・ゆきえ #i4LNgi/s | 2019/04/18 14:17 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form